◎家庭教師は生徒と生徒の親との関係が大切
〇面接時に避けた方が良い親
家庭教師として正式に契約を結ぶ前に普通は生徒や生徒の親との面談が儲けられます。このときに、違和感を感じたり、うざいなと感じた場合はのちのち仕事をするのが辛くなったり、トラブルを招いたりします。避けたほうが賢明です。とくに注意するのが以下のような親です。

・家庭教師に全ての責任を負わせてくる親。成績が上がらなかったり、不合格になった場合、自分の子どもの努力は棚上げにして家庭教師だけが悪いという姿勢の親。

・実家や学校にまで連絡をしてくる親。家庭教師にもプライベートがあることを理解せず、実家や学校などにまで連絡してくる親はとてもウザイです。

・即効性を求めてくる親。家庭教師をつければすぐに成績が上がると考えている親はウザイです。結果がすぐに出ないと教師を替えたり、教え方を替えたり、教材を替えたりした方が良いのではと言ってきてうざいです。頻繁に家庭教師を替えている親には注意が必要です。

〇生徒との相性も大切
家庭教師は生徒のやる気を引き出すことも大切な仕事ですが、あまりにもやる気のなさすぎる生徒やうざい生徒は避けるようにしましょう。授業とは関係のないことやプライベートに踏み込んで来る生徒はうざいです。

◎自分がうざい教師にならないために
〇生徒の家庭に立ち入り過ぎないように
生徒や生徒の親と良好な関係を保つことはとても大切なことですが、家庭教師という立場で立ち入り過ぎないようにしましょう。時間外に夕食をごちそうしてくれたり、雑談をもちかけてくる人もいますが、家庭によっては他人に長時間居座られるのを好ましく思わないこともあります。必要以上に長居をしたり、無駄話をしないように心がけましょう。

〇生徒に媚びを売り過ぎない
家庭教師として生徒に慕われることはとても大切ですが、媚びを売り過ぎるとうざいと思われ、反感を買います。家庭教師の役目な勉強を教え、生徒の成績を向上させることです。無理に若ぶったり、理解があるふりをするよりは授業に集中しましょう。